ページ上に戻る ページ上に戻る

北海道大学法学部総合TOP

menu

沿革

設立

北海道大学の歴史は1876年(明治9年)に設立された札幌農学校にさかのぼりますが、法学部の前身は1947年(昭和22年)に設置された法文学部です。法経学部の時代を経て、1953年(昭和28年)に法学部となりました。大学院(法学研究科)も同時に設置されています。

その後講座と教員の充実が進みましたが、1974年(昭和49年)には大規模な組織改革があり、「教育部」と「研究部」が設けられました。「研究部」は数年に一度教員を研究に専念させる制度で、法学部・法学研究科の教育と研究の質を飛躍的に向上させました。

学部一貫教育の開始

また、1995年(平成7年)からは、教養部の廃止に伴い、学部一貫教育が実施されました。法学部が1年次から責任をもって学生を教育する体制が整うと同時に、「履修コース制」が導入され、学生が自分のニーズにあった科目を体系的に履修することが容易になりました。

大学院重点化

2000年(平成12年)4月には大学院重点化が実現しました。教員は大学院に所属することになり、修士課程及び博士課程の定員も大幅に増加しました。意欲のある多くの学生が大学院に進み、より進んだ知識を得ることができるようになりました。同時に、従来の研究部制度は発展的に解消され、先端的研究と実務志向的教育を学外との緊密な協力の下に進める目的で、法学研究科附属の「高等法政教育研究センター」が発足しました。

法科大学院設立

21世紀にふさわしい高度な専門性と幅広い視野、さらに人権感覚と倫理性を身につけた法曹の養成を目指し、2004年(平成16年)4月に法科大学院(法学研究科法律実務専攻)を設置しました。

「総合入試」制度の導入

2011年(平成23年)からは従来の学部別入試制度と併せて新しい入試制度、「総合入試」を導入しました。「総合入試」では、まず文系や理系の総合入試枠で受験し、本人の希望と1年次の成績によって学部に移行できるシステムです。入学後の1年間は、全員が「総合教育部」に所属し、幅広く教養科目や基礎科目を学びます。入学後に進学する学部をじっくり考えてから学部に移行することができるのが、総合入試の最大のメリットです。

北海道大学 アドミッションセンター

更新日 2016.12.15