ページ上に戻る ページ上に戻る

法学研究科

menu

学位論文に係る評価基準

北海道大学大学院法学研究科(法学政治学専攻)修士論文に係る評価基準

1. 基本要件

  • (1)修士の学位を受ける者は、北海道大学大学院ディプロマ・ポリシー及び大学院法学研究科(法学
  •     政治学専攻)ディプロマ・ポリシーが求める学力、能力、資質を満たすと認められる必要があ
  •         る。修士論文は、これらの能力を修得したことを、明瞭かつ平明な文章で示すものでなければな
  •         らない。

  • (2)修士論文は、申請者が執筆したものとし、他人の研究成果を剽窃する箇所を含んではならない。

  • (3)修士論文は、他人の著作権その他の知的財産権を侵害してはならない。

  • (4)修士論文は、「北海道大学における科学者の行動規範」に則って適正に行われた研究に基づき作
  •         成されたものでなければならない。

2. 論文の構成

  •  修士論文は、次の要件を満たす構成とする。

  • (1)論文の題目が適切であること。

  • (2)研究の背景が記述され、研究目的又は課題設定が明確であること。

  • (3)目的又は課題に適合した研究方法により研究が行われていること。

  • (4)目的又は課題に対応して結論が適切に導き出されていること。

  • (5)引用文献が適切に用いられていること。

  • (6)適切な章立てにより、記述がなされていること。

3. 内容

  •  修士論文の内容は、次のような点において評価することが想定される。ただし、どの項目を重視するか、さらにどのような項目を追加するかなどは、審査委員会に一任される。

  • (1)専攻分野において一定程度の学術的価値を有する。学術的価値とは、未知の事象・事物の発見、
  •     新しい分析方法や理論の構築・展開、新しい学問的解釈や概念の提出など、人類の「知」の地平
  •         を拡大させるような貢献をなすものを指す。

  • (2)研究目的又は課題の選択や研究方法が適切である。

  • (3)文献調査・フィールド調査・実験等及び先行研究を着実に踏まえて研究が行われている。

  • (4)設定した研究目的又は課題と研究方法に従って資料を的確に収集・処理している。

  • (5)新しい事実の発見や、独創的な分析・解釈・提案等を行っている。

  • (6)論旨が明快で、しっかりした論理展開がみられる。

  • (7)適切な文章表現による論述が行われており、高いレベルで完結性を有する。

北海道大学大学院法学研究科(法学政治学専攻)博士論文に係る評価基準

1. 基本要件

  • (1)博士論文は、博士の学位を申請する者が北海道大学大学院ディプロマ・ポリシー及び大学院法学
  •     研究科(法学政治学専攻)ディプロマ・ポリシーが求める学力、能力、資質を備えていることを
  •         示す十分な学術的価値と高い独創性を有するものでなければならない。

  • (2)博士論文は、申請者が執筆したものとし、他人の研究成果を剽窃する箇所を含んではならない。

  • (3)博士論文は、他人の著作権その他の知的財産権を侵害してはならない。

  • (4)博士論文は、「北海道大学における科学者の行動規範」に則って適正に行われた研究に基づき作
  •         成されたものでなければならない。

2. 論文の構成

  •  博士論文は、次の要件を満たす構成とする。

  • (1)論文の題目が適切であること。

  • (2)研究の背景が記述され、研究目的又は課題設定が明確であること。

  • (3)目的又は課題に適合した研究方法により研究が行われていること。

  • (4)目的又は課題に対応して結論が適切に導き出されていること。

  • (5)引用文献が適切に用いられていること。

  • (6)適切な章立てにより、記述がなされていること。

3. 内容

  •  博士論文の内容は、次のような点において評価することが想定される。ただし、どの項目を重視するか、さらにどのような項目を追加するかなどは、審査委員会に一任される。

  • (1)専攻分野において国際水準での十分な学術的価値を有する。学術的価値とは、未知の事象・事物
  •         の発見、新しい分析方法や理論の構築・展開、新しい学問的解釈や概念の提出など、人類の
  •        「知」の地平を拡大させるような貢献をなすものを指す。

  • (2)研究目的又は課題の選択、ならびに研究方法の選択が、学界において一定の評価が得られるもの
  •     である。

  • (3)文献調査・フィールド調査・実験等及び先行研究を着実に踏まえて研究が行われている。

  • (4)設定した研究目的又は課題と研究方法に従って資料を的確に収集・処理している。

  • (5)研究資料の読解が正確であり、分析・解釈が的確である。

  • (6)新しい資料又は事実の発見・利用、着眼点の斬新さや分析の切り口の面白さ、分析・解釈・提案
  •     等における独創性を有している。

  • (7)論理的に一貫した構成と内容を有し、表現力も確かで、高いレベルで完結性を有する。

更新日 2016.02.17