ページ上に戻る ページ上に戻る

北海道大学法学部総合TOP

menu

ごあいさつ

法学部長・大学院法学研究科長 加藤智章

法学部長・大学院法学研究科長 加藤智章

 大学生活は、高校の学習を終えた皆さんが自己自身の関心に基づいて教養を広げ専門の知識を修得する時間であり、そのことを通じて将来よき社会人として活躍する基礎を培う場でもあります。おそらく皆さんの人生の中で最も自由で、その分最も貴重な時間であるでしょう。そのような人生の重要な一コマを、長い歴史を持ち、文系理系とも最先端の研究を数多く進めると共に、自然も豊かな日本有数のキャンパスを誇るこの北海道大学で過ごすことの魅力と意義は、たいへん大きなものだと思います。

 そのような北大の一環を成す法学部は、間もなく創基70年を迎える、これも日本有数の法学部です。教員の研究活動の基盤となる科学研究費補助金の採択件数では、全国一、二を争い、教員の多様性や充実した研究の展開も全国的に定評があって、その成果が学部の授業にも反映されています。六法を中心とする実定法学のみならず、法制度の基礎となる歴史や思想あるいは文化を学ぶ基礎法学、法秩序に多くの影響を与える政治のあり方を多角的に学ぶ政治学などの多分野にわたって、高い資質と実績を有する教員たちが教育に当たり、様々な講義や少人数の演習などを展開しています。また、教員一人当たりの学生数は15人ほどで、これも全国有数の環境です。

 このような研究教育環境を背景にしながら、皆さんは、北大法学部での法学・政治学に関する体系的学習を通して、複雑多様な社会現象に適切に対処しうる基礎的能力を修得することができます。皆さんはまず、ヴァラエティに富む法学部のカリキュラムの中で自主的な幅広い科目の勉学をプラニングすることができます。そして、これらの科目について深く学び、それらの関連性を知ることで、法や政治の問題を多面的に観察・分析し、問題を解決する力を養うことができますし、その機会を生かして、法曹・国家公務員・地方公務員・教員、企業法務や市民活動の担い手などを目指すことができます。また、学内での友人関係やサークル活動などは言うまでもなく、多くの留学生も集う北大全体の国際的な環境の中では、学生どうしの異文化交流の経験を積み、国際的視野を養うこともできます。そして、充実した図書館を初めとする施設を活用して、伝統的な知識は勿論、時代の流れをも見据えた新しい知識やスキルの獲得も可能になっています。既存の法学部のイメージであったジェネラリスト養成に代わってより専門性を重視した法学部教育が進展する中で、北大法学部は、単に法律知識だけではなく、その基本となる法制度そのものの歴史的意義、思想的価値、比較文化的特徴、そして政治や経済との関わりなどを幅広く学ぶことができ、法と政治のあり方をトータルに考えることができる場を皆さんに提供しています。

 札幌は日本人が住んでみたい街のベスト3に入る、さわやかで緑豊か、そして白い雪景色の美しい都市です。その都市の中心部を占め、世界からの観光客も足を運ぶほどの広大なキャンパスで、皆さん一人ひとりが社会に羽ばたく大志を育む-北大法学部はそのような皆さんを歓迎し、法と政治への向学心を導きます。

法学部長・大学院法学研究科長 加藤智章

更新日 2016.12.16