ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 イベント詳細

研究会

2016年9月21日 掲載

知的財産法研究会

●場所:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)W409号室

●第一報告者:田村善之(北海道大学法学研究科・教授)

●テーマ:Looking at Patent Systems from Institutional Perspectives

●参考文献:

①田村善之「特許権侵害訴訟における差止請求権の制限に関する一考察」『競争法の理論と課題-独占禁止法・知的財産法の最前線』(根岸哲古稀・2013年・有斐閣)699~715頁

②Ichiro Nakayama & Yoshiyuki Tamura .“Denial of Injunctive Relief on the Grounds of Equity:Situation in the U.S. and Japan”, in Hilty Reto M, Kung-Chung Liu (ed.), “Compulsory Licensing: Practical Experiences and Ways Forward” (Berlin Heidelberg, Spriger-Verlag, 2014) at 267-290

③田村善之「特許侵害訴訟における均等論の要件の明晰化を図った知財高裁大合議判決~マキサカルシトール事件~」IPマネジメントレビュー22号18~33頁(2016年)

④田村善之「考察:知財高裁-中央集権的かつ多元的な専門裁判所に対する制度論的研究-」『現代知的財産法 実務と課題』(飯村敏明退官・2015年・発明協会)29~47頁

●第二報告者:Branislav Hazucha(北海道大学法学研究科・准教授)

●テーマ:Recent Trends in Copyright Protection in Japan, EU and US

●参考文献:

ブラニスラヴ・ハズハ,, 曉倩,渡部 俊英「消費者から見た著作権法―日本における著作権遵守の実証研究」著作権研究40122157(2014)

②Branislav HAZUCHA,劉 曉倩,渡部 俊英/長沼 裕也(訳)「著作権法における私的秩序形成と消費者の権利―日本の消費者の視点から」知的財産法政策学研究47261299(2015)

http://www.juris.hokudai.ac.jp/riilp/wp-content/uploads/sites/6/2015/12/47_12-%E8%AB%96%E8%AA%AC_Hazucha%E3%81%BB%E3%81%8B%E9%95%B7%E6%B2%BC.pdf

③Branislav Hazucha, “Private Copying and Harm to Authors: Compensation versus Remuneration”, 133 Law Quarterly Review (forthcoming 2017)

http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=2699070

●英語講義、日本語通訳付き