ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 イベント詳細

研究会

2017年4月12日 掲載

知的財産法研究会

●場所:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)W402号室

●報告者:平澤卓人(さっぽろ法律事務所・弁護士)

●テーマ:表現規制としての標識法とその憲法的統制

●参考文献:

①大林啓吾「表現概念の視座転換-表現借用観からみる表現の自由と商標保護の調整-」帝京法学26巻1号(2009)186頁

②宮脇正晴「標識法と表現の自由―米国商標法におけるロジャーズ・テストを題材に」日本工業所有権法学会年報37号(2014)173頁

③大日方信春「商標と表現の自由(一)」熊本法学136号(2016)71頁

④Robert C. Denicola, Trademark as Speech: Constitutional Implications of the Emerging Rationales for the Protection of Trade Symbols,Wis. L. Rev. 158 (1982)

⑤Mark A. Lemley & Eugene Volokh, Freedom of Speech and Injunctions in Intellectual Property Cases, 48 Duke L.J. 147 (1998)

⑥Lisa P. Ramsey, First Amendment Limitations on Trademark Rights, A Handbooks of Contemporary Research 147 (Graeme B. Dinwoodie & Mark D. Janis, eds. 2007)

⑦Mary LaFrance, No Reason to Live: Dilution Laws as Unconstitutional Restrictions on Commercial Speech, 58 S.C.L.Rev. 709 (2007)