ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 イベント詳細

一般の方

2016年4月27日 掲載

サマーセミナー2016

北海道大学サマーセミナー
最新の知的財産訴訟における実務的課題
―特許法をめぐって―

 北海道大学大学院法学研究科は、知的財産事件に携わる実務家を対象として、サマーセミナー 「最新の知的財産訴訟における実務的課題」を開催いたします。セミナーでは、知的財産訴訟の最新の問題点とその対策を、実務家向けにわかりやすく解説します。今年度は、特許法に関する課題を取り上げます。

日本弁理士会会員のみなさまへ:
 本研究科は、日本弁理士会継続研修の認定外部機関として認められております。
 このセミナーは、日本弁理士会の継続研修としての認定を受けています。
 日本弁理士会会員の皆様は、本セミナーを受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として1回受講ごとに2単位が認められ、全回受講の場合は最大16単位が認められます。

 なお、8/18(木)16:45~17:30に実施予定の韓相郁先生の講義は、講義時間の関係で、弁理士会の外部機関研修外の特別講義として実施いたしますので、弁理士会の研修として の単位を認めるものではありませんことをご留意ください。

対象   知的財産事件に携わる実務家(弁理士、弁護士、企業の知的財産部員等)
期間   2016年8月18日(木)~8月21日(日)
    [午前]10:00-12:30 [午後]14:00-16:30 (質疑応答、休憩を含む)      

             [午後2](8月18日(木)のみ)16:45-17:30
     ※一部の講義のみを選択して受講することも可能です。
場所   北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 2F W203号室
       http://www.juris.hokudai.ac.jp/map/
受講費  無料
    ※本研究科運営のための「研究奨励寄附金」へのご協力を、1口2万円から            お願いしております。

講師   

三村 量一 (長島・大野・常松法律事務所弁護士)
鮫島 正洋 (内田・鮫島法律事務所弁護士/弁理士)
田村 善之 (北海道大学大学院法学研究科教授)
吉田 広志 (北海道大学大学院法学研究科教授)
韓  相郁
(金・張法律事務所弁護士)

講義日程

日時

講義テーマ

講師

単位数

8月18日(木)

午前

進歩性要件の動向と課題―質的コントロールと量的コントロールの相剋―

田村

2

午後

考察:知財高裁―大合議制度の運用と課題―

田村

2

午後2

韓国での最近の管轄集中及び特許法改正内容の紹介/最近の権利範囲関連判決の動向

8月19日(金)

午前

特許権侵害訴訟における均等侵害

三村

2

午後

特許権侵害訴訟における用途発明侵害、間接侵害と差止判決

三村

2

8月20日(土)

午前

知財戦略セオリとその限界―知財ステージに応じた事業戦略の考え方

鮫島

2

午後

知財戦略を実践する具体的方法―必須特許取得に関する実務論と特許権利行使の意思決定の考え方

鮫島

2

8月21日(日)

午前

プロダクトバイプロセス最高裁判決と今後の実務

吉田

2

午後

新規性の問題―化学発明を念頭に―

吉田

2

懇親会  

8月19日(金)17:00~20:00                          
レストラン「エルム」(北大構内)にて懇親会を開催いたします。
参加を希望される方は、下記の申込みフォームからあわせてお申し込み下さい。
会費 5,000円

申込方法   

下記のサイトの申込みフォームから 2016年8月11日(木)までにお申し込みください。 
              申込みフォーム

※各回とも申込先着順で定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

<連絡先>  北海道大学大学院法学研究科 サマーセミナー事務局
       〒060-0809 
       札幌市北区北9条西7丁目北海道大学大学院法学研究科内
       E-mail: coeip<at>juris.hokudai.ac.jp

                ※スパムメール対策のため特別な表記をしております。

                       送信の際は「<at>」を「@」にご変更ください。

 北海道大学大学院法学研究科(情報法政策学研究センター)のウェブサイトに、サマーセミナーおよび研究奨励寄附金の詳細を掲載しております。
http://www.juris.hokudai.ac.jp/riilp/よりご覧ください。

主催 北海道大学大学院法学研究科