ページ上に戻る ページ上に戻る

法学部

menu

ディプロマ・ポリシー

北海道大学法学部学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

法学部の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 法学部では、本学の4つの基本理念(フロンティア精神、国際性の涵養、全人教育、実学の重視)の下、法学・政治学の基礎的素養を身に付け、幅広い分野で社会の発展を支える人材を育成することを教育目標としています。法学部では、この目標とする人材像に求められる具体的な能力(学位授与水準)を履修コース(法専門職コース、総合法政コース)毎に定め、当該能力を身に付け、かつ、卒業に必要な単位を修得した学生に学士の学位を授与します。

法専門職コースの学位授与水準

 法専門職コースでは、学部の教育目標に基づき、実定法を実社会での問題解決のために適用する能力を身に付け、社会の発展をリードする人材を育成することを目標としており、次の能力を持つと認められる学生に対して、学士の学位を授与します。

【ア 実定法を中心とする法学・政治学の基礎的素養】

一 七法を中心とする実定法科目の基礎的知識を体系的に習得しており、発展的な実定法科目についても基礎的な知識を説明することができる。
二 基礎法学及び政治学についても基礎的な知識を説明することができる。

【イ 法的な分析判断能力】

一 実社会で起こる問題に実定法を適用する場合に必要となる資料探索能力及び理論的分析能力を示すことができる。
二 実社会で起こる新たな問題に対して、一定の法的判断を下すことができる。

【ウ コミュニケーション能力及び自主的な学習管理能力】

一 基礎的な教養及び外国語能力を習得している。
二 他者との議論を通じて、他者の意見を理解し、自らの主張を明らかにすることができる。
三 率先して問題を発見し、必要な知識を自主的に習得することができる。

総合法政コースの学位授与水準

 総合法政コースでは、学部の教育目標に基づき、現代社会の抱える問題を広い視野から多面的に考察するために、法学・政治学の幅広い知識を身に付け、社会の多様な分野で活躍する人材を育成することを目標としており,次の能力をもつと認められる学生に対して、学士の学位を授与します。

【ア 法学・政治学に関する幅広い基礎的素養】

一 実定法科目についての基礎的な知識を説明することができる。
二 法学及び政治学を基礎科目から応用科目まで幅広く学習し、基礎的知識を習得している。

【イ 多面的な分析能力】

一 現代社会の抱える問題を多面的に考察するために必要な資料探索能力及び理論的分析能力を示すことができる。
二 現代社会の抱える問題を、現在の我々の立ち位置に縛られることなく、普遍的・学際的・国際的な視座から捉え直して、一定の分析を加えることができる。

【ウ コミュニケーション能力及び自主的な学習管理能力】

一 基礎的な教養及び外国語能力を習得している。
二 他者との議論を通じて、他者の意見を理解し、自らの主張を明らかにすることができる。
三 率先して問題を発見し、必要な知識を自主的に習得することができる。

更新日 2016.12.26