ページ上に戻る ページ上に戻る

附属高等法政教育研究センター

menu

 イベント詳細

学生・卒業生研究者シンポジウム・研究会の記録

2017.5.10 掲載

Hokkaido Summer Institute 2017/高等研センター研究会「移民・難民法と政治の世界危機:その過去・現在・将来を考える(World Crises of Migration/Refugee Law and Politics: Its Past, Present and Futu...


20170601ポスター

ポスター(PDF)

    • 日時:
      (第1回)6月1日(木)14時30分~
      (第2回)2日(金)10時30分~
      (第3回)5日(月)14時30分~
    • 場所:
      北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)W409

      【報告テーマ及び報告者】

    • 総合テーマ:
      「移民・難民法と政治の世界危機:その過去・現在・将来を考える(World Crises of Migration/Refugee Law and Politics: Its Past, Present and Future)」
    •   

    • 第1回(全体会):6月1日(木)14時30分~
      「シリア難民の保護の危機とトルコとEUの相互関係に対するその影響(Syrian refugee protection crisis and its impact on bilateral relations between Turkey and the EU)」)
      B・カレ准教授(トルコ・中東工学大学)※スカイプで登場
    • 第2回:2日(金)10時30分~
      「アメリカ移民法--アジア系移民の歴史と過去からのレッスン(American Immigration Law: The History of Asian Immigrants and Other Lessons From the Past)」
      H・モトムラ教授(キャリフォーニア大学ロスアンジェルス校(UCLA)ロースクール)
    • 第3回:5日(月)14時30分~
      「移民--アメリカ・ヨーロッパの統治権のフロンティアと最後の砦(Immigration: The Frontier and Last Bastion of Sovereignty in America and Europe)」
      D・エイブラハム教授(マイアミ大学ロースクール)
      (参考文献)

    • Thomas Aleinikoff, David Martin, Hiroshi Motomura and Maryellen Fullerton, Immigration and Citizenship: Process and Policy (8th ed.)(West Academia Press, 2016)の抜粋。
    • David Abraham, Germany and Europe: From Migration Crisis to Immigration and Integration Regime (2016)
    • Executive Order 13769 of January 27, 2017 Protecting the Nation From Foreign Terrorist Entry Into the United States,
    • Başak Kale, The EU-Turkey Action Plan is Imperfect, But Also Pragmatic, And Maybe Even Strategic (2016)
    • Başak Kale, The Limits of an International Burdensharing Approach:Syrian Refugee Protection Crisis and its Consequences(2017)
    • *以上は、参加者に事前配布するようにします。


    共催 北海道大学民法理論研究会、北海道大学民事法研究会、北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター