ページ上に戻る ページ上に戻る

附属高等法政教育研究センター

menu

 イベント詳細

一般の方学生・卒業生研究者シンポジウム・研究会の記録

2018.9.21 掲載

シンポジウム「マクロン時代の第五共和制―フランス政治社会の60年」

20181026ポスター

ポスター(PDF)

  • 日時:26日(金)11:15~18:00
    27日(土)10:00~13:15
  • 場所:日仏会館ホール
    (東京都渋谷区恵比寿3-9-25)
  • 定員:130
  • 参加費:無料
  • 事前登録:不要
  • 言語:日本語、フランス語(同時通訳あり)

プログラム

登壇者の変更がありました(2018.10.16)
※太字は変更後の登壇者

  • 【10月26日(金)】
    • 第1セッション「マクロン時代の<政治>――何が新しく、何が古いのか」(11 :30 – 13 :00)
      ・フランス側パネリスト:ジョルジュ・ソニエ(ミッテラン研究所)
      ・日本側パネリスト:川嶋周一(明治大学)
    • 第2セッション「マクロン時代の<メディア>――変転する世論」(14 :00 – 15 :30)
      ・フランス側パネリスト:アニエス・タシャン(セルジー・ポワントワーズ大学)
      ・日本側パネリスト:国末憲人(朝日新聞社)
    • 第3セッション「マクロン時代の<経済>――グローバル資本主義への適応」(15 :30 – 17 :00)
      ・フランス側パネリスト:オリヴィエ・フェルターク(ルーアン大学)
      ・日本側パネリスト:瀬藤澄彦(元帝京大学教授)
    • 全体討議Ⅰ(17 :00 – 18 :00)
  • 【10月27日(土)】
    • 第4セッション「マクロン時代の<社会>――変化する分断線」(10 :00 – 11 :30)
      ・フランス側パネリスト:クリスティーヌ・ピナ(ニース大学)
      ・日本側パネリスト:吉田徹(北海道大学)
    • 全体討議Ⅱ(11 :30 – 13 :00)

(セッション名は仮題)


  • 主催:「マクロン時代の第五共和制」シンポジウム企画委員会
  • 共催:公益財団法人日仏会館、朝日新聞Globe、札幌日仏協会、日仏政治学会、北海道大学法学研究科附属高等法政研究教育センター
  • 助成:笹川日仏財団
  • 問い合わせ:北海道大学 吉田 011-716-2111 yoshidat@juris.hokudai.ac.jp(@を半角に変えて送信してください)

関連リンク

(共催)マクロン時代の第五共和制―フランス政治社会の60年| イベント情報 | 日仏会館ホーム