ページ上に戻る ページ上に戻る

附属高等法政教育研究センター

menu

 刊行物・活動報告詳細

ACADEMIA JURIS BOOKLET 2004 No.14

「メディアと権力」

魚住昭 著

第1部 講演「メディアと権力」

 1 小泉政権の本質―新自由主義とナショナリズム

 2 田中政治が示した日本型社会民主主義

 3 野中に見る平等志向の政治理念

 4 「宗男・真紀子・辻元」失脚が意味するもの

 5 真相を追及しないマスコミ

 6 巧妙な情報操作に踊らされるな

 7 権力と一体化しやすい組織メディア

 8 「ペン部隊」を超えて

第2部 対談 魚住昭×山口二郎

 1 メディアの政治的影響力とは

 2 「自粛」という権力作用

 3 司法制度改革で何が変わるのか

 4 崩壊し始めた二重構造

 5 道警裏金問題を通して見えたもの

 6 日米のメディア状況の違いは

第3部 質疑応答

booklet14

内容全文(PDF)

2005年02月20日発行(残部なし)

北海道大学大学院法学研究科
附属高等法政教育研究センター編

この「ACADEMIA JURIS BOOKLETシリーズ」は、北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センターが主催して行ったシンポジウム・講演会等の内容を記録するものです。
本号には、2004年11月4日、北海道大学学術交流会館で行われた公開講演会「魚住昭氏講演会・メディアと権力」(共催=北海道大学大学院法学研究科学術創成研究プロジェクト)の内容をおさめました。