ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 イベント詳細

研究会

2016年10月24日 掲載

知的財産法研究会

●場所:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)W409号室

●第一報告者:大日方 信春(熊本大学法学部・教授)

●テーマ:商標と表現の自由

●参考文献:

①大日方信春「商標と表現の自由(一)」熊本法学136号71頁(2016)

●第二報告者:平澤 卓人(さっぽろ法律事務所弁護士・北海道大学大学院法学研
究科博士後期課程)

●テーマ:表現の自由に基づく標識法上の権利の制限の可能性

●参考文献:

①大林啓吾「表現概念の視座転換-表現借用観からみる表現の自由と商標保護の調整-」帝京法学26巻1号186頁
②宮脇正晴「標識法と表現の自由―米国商標法におけるロジャーズ・テストを題材に」日本工業所有権法学会年報37号(2014)173頁
③大日方信春「商標と表現の自由(一)」熊本法学136号(2016)71頁
④Mark A. Lemley & Eugene Volokh, Freedom of Speech and Injunctions in
Intellectual Property Cases, 48 Duke L.J. 147 (1998)
⑤L.L. Bean, Inc. v. Drake Publishers, Inc., 811 F.2d 26(1st Cir. 1987)
⑥Rogers v. Grimaldi 875 F.2d 994(2d Cir.1989)
⑦In re Tam, 808 F.3d 1321 (Fed. Cir. 2015)

●第三報告者:比良 友佳理(京都教育大学社会科学科・講師)

●テーマ:著作権と表現の自由に関する近時の欧州人権裁判所判決について

●参考文献:

①Ashby Donald et autres c. France, requête no 36769/08 du 10 janvier 2013
(http://hudoc.echr.coe.int/fre?i=001-115845)
②Fredrik Neij and Peter Sunde Kolmisoppi v. Sweden, Appl. nr. 40397/12 of February2013
(http://hudoc.echr.coe.int/eng?i=001-117513)