ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 イベント詳細

研究会

2017年9月4日 掲載

知的財産法研究会

 

●場所:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)W409号室

●報告者:小島 立(九州大学大学院法学研究院・准教授)

●テーマ:「ストリートアート」に法はどのように向き合うべきか?――知的財産
法および文化政策の観点から

●参考文献:
1. 吉見俊哉=北田暁大編集『路上のエスノグラフィ――ちんどん屋からグラフィ
ティまで』(せりか書房、2007年)
2. 大山エンリコイサム『アゲインスト・リテラシー–グラフィティ文化論』(
LIXIL出版、2015年)
3. Enrico Bonadio, Copyright Protection of Street Art and Graffiti under UK Law, Intellectual Property Quarterly, Issue 2, 2017, available at https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=2946360
4. Marta Iljadica, Copyright Beyond Law: Regulating Creativity in the Graffiti Subculture (Bloomsbury 2016)