ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 イベント詳細

研究会

2018年1月17日 掲載

知的財産法研究会

●場所:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)W401号室
 https://www.juris.hokudai.ac.jp/map/

 

【第一報告者】孫友容(北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター・協力研究員)

●テーマ:自動公衆送信の研究――WIPO条約からの軌跡(博士論文報告会)

●参考文献:

①Mihaly Ficsor, The Law of Copyright and the Internet, Oxford University Press, 2002

②加戸守行『著作権法逐条講義〔六訂新版〕』、著作権情報センター、2013

③著作権法令研究会・通商産業省知的財産政策室【編】『著作権法・不正競争防止法改正解説』、有斐閣、1999

④呉高盛【編】『《中華人民共和国著作権法》釈義及実用指南』、中国民主法制出版社、2015

 

 

【第二報告者】橘雄介(北海道大学大学院法学研究科・博士後期課程)

●テーマ:特許権の間接侵害の理論(博士論文報告会)

●参考文献:

①井関涼子「米国判決にみる間接侵害の主観的要件の検討」別冊パテント12号(パテント67巻11号)149-160頁(2014年9月)

②今泉俊克「米国特許の寄与侵害における「実質的に非侵害の使用」の解釈」知財管理66巻11号1396-1411頁(2016年11月)

③橘雄介[判批]知的財産法政策学研究46号293-344頁(2015年5月)(https://www.juris.hokudai.ac.jp/riilp/wp-content/uploads/sites/6/2015/06/46_08-判例_橘.pdf)

④橘雄介[判批]知的財産法政策学研究47号327-366頁(2015年11月)(https://www.juris.hokudai.ac.jp/riilp/wp-content/uploads/sites/6/2015/12/47_14-判例_橘.pdf)