ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 イベント詳細

研究会

2021年1月4日 掲載

知的財産法研究会

●日時:2020年10月31日(土) 13:00(JST)~ Zoomにて実施

●報告者:叶 鵬(東京大学大学院法学政治学研究科/博士課程)

●テーマ:
「技術的形態につき他に選択の余地があり知的財産権の独占状態の影響が払拭されたことを
理由に不正競争防止法2条1項1号の保護を認めた事例[不規則充填物事件]」

●参考文献:
・田村善之『不正競争法概説』(第2版・2003年・有斐閣)
・牧野利秋監修=飯村敏明編『座談会 不正競争防止法をめぐる実務的課題と理論』
 (2005年・青林書院)
・谷有恒「周知商品等表示混同惹起行為(1)」牧野利秋ほか編『知的財産訴訟実務大系II』
 (2014年・青林書院)
・田村善之「意匠登録がない商品デザインの保護の可能性~著作権法・不正競争防止法の交錯~」
 コピライト 676 号(2017 年)
・小嶋崇弘「標識法における機能性法理」日本工業所有権法学会年報42号 (2019)
・長谷川遼[判批]『商標・意匠・不正競争判例百選』(第2版・2020年・有斐閣)
・宮脇正晴「不正競争防止法の商品等表示の規制におけるパブリック・ドメインの確保」
 『知的財産法の挑戦Ⅱ』(2020年・弘文堂)