ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 イベント詳細

研究会

2021年1月4日 掲載

知的財産法研究会

●日時:2020年12月12日(土) 15:00(JST)~ Zoomにて実施

●報告者:比良友佳理(京都教育大学教育学部講師・ストラスブール大学CEIPI客員研究員)

●テーマ:
欧州における知的財産権の憲法化の背景と意義 ―ECtHRとCJEUの裁判例分析を中心に―

●参考文献:
①比良友佳理「著作権と基本権に関する3件の欧州司法裁判所大法廷判決
―Funke Medien事件、Pelham事件、Spiegel Online事件―」
同志社大学知的財産法研究会(編)『知的財産法の挑戦Ⅱ』(弘文堂・2020年)264頁
②比良友佳理「著作権と表現の自由に関する欧州人権裁判所の新たな動き
―Ashby判決、The Pirate Bay判決」AIPPI 62巻12号(2017)24頁
③Christophe Geiger, 
Reconceptualizing the Constitutional Dimension of Intellectual Property- An Update, 
CEIPI Research Paper No. 2019-11 (2019), p.7.
④Tuomas Mylly, 
The Constitutionalization of the European Legal Order: Impact of Human Rights 
on Intellectual Property in the EU, in Christophe Geiger ed., 
RESEARCH HANDBOOK ON HUMAN RIGHTS AND INTELLECTUAL PROPERTY (Edward Elgar, 2015), 
p. 103