ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 イベント詳細

研究会

2021年2月22日 掲載

知的財産法研究会

●日時:2021年1月27日(水) 13:00(JST)~ Zoomにて実施

 

●報告者:上野達弘(早稲田大学法学学術院教授)

●テーマ:「『人権』としての著作権?」

●参考文献:

鈴木將文「財産権の保護(保障)と知的財産」『現代知的財産法――実務と課題――』飯村敏明先生退官記念論文集(発明推進協会、2015年)3頁

鈴木將文「国際著作権――動向と展望」柏木昇編集代表『国際経済法講座Ⅱ――取引・財産・手続』(法律文化社、2012年)464頁

茶園成樹「産業財産権と人権」柏木昇編集代表『国際経済法講座Ⅱ――取引・財産・手続』(法律文化社、2012年)445頁

大日方信春「著作権をみる憲法学の視点について」熊本法学114号1頁(2008年)

大日方信春「憲法との関係における知的財産制度について」パテント73巻1号84頁(2020年)

大日方信春「著作権の憲法上の地位――合衆国憲法1条8節8項の文理解釈を導きの糸として」姫路法学45号1頁(2006年)

 

●報告者:山根崇邦(同志社大学法学部教授)

●テーマ:「知的財産法学における哲学的アプローチの広がり――背景・意義・課題」

●参考文献:

Peter Drahos(山根崇邦訳)「A Philosophy of Intellectual Property(1)-(8・完)」知的財産法政策学研究34-39号・42-43号(2011-2013年)

ロバート・P・マージェス(山根崇邦=前田健=泉卓也訳)『知財の正義』(勁草書房、2017年)

山根崇邦「著作権法領域における正当化根拠論の現代的意義」著作権研究38号116頁(2013年)

山根崇邦「知的財産法学における権利論と功利主義の相克(1)(2・完)」知的財産法政策学研究55-56号(2020年)