ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 知的財産法政策学研究詳細

第3号(2004年08月)

第一特集:知的財産法政策学の基本理念の確立に向けて

Theory of Intellectual Property Law

田村 善之/城山 康文(訳)   1

<競争的繁栄>と知的財産法原理
-田村善之教授の知的財産法理論の基礎に関する法哲学的検討-

長谷川 晃   17

知的財産関連産業と知的財産の国際化:独占促進と開発阻害?

Peter DRAHOS/立花 市子(訳)   35

Intellectual Property Industries and the Globalization of Intellectual Property: Pro-Monopoly and Anti-Development?

Peter DRAHOS   65

第二特集:著作権とコモンズ

著作権の制限と「クリックラップ」ライセンス:著作権取引はどうなるのか?

Lucie GUIBAULT/会沢 恒(訳)   91

権利管理システムのためのフェアユース・インフラストラクチャ

Dan L. BURK & Julie E. COHEN/会沢 恒(訳)   131

契約と技術による著作権の拡張に関する日本法の状況
-ギボー報告およびバーク報告に対するコメント-

曽野 裕夫   185

論説

冒認出願と真の権利者保護

松田 竜   195

判例研究

才原 慶道   217