ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 知的財産法政策学研究詳細

第45号(2014年10月)

特集:知的財産法の新たなうねり

特許保護に関する宣言―法制度設計に関する各国の主権と TRIPS 協定―

                  田村 善之・中山 一郎(訳)   1

次世代の偉大な著作権法

         Maria A. PALLANTE/石新 智規・山本 夕子(訳)       33

♦連続企画:著作権法の将来像 その2

デジタル時代における著作権と表現の自由の衝突に関する制度論的研究 (1)

                         比良 友佳理        79

フェア・ユースにおける市場の失敗理論と変容的利用の理論 (1)
―日本著作権法の制限規定に対する示唆―            村井 麻衣子      105

♦連続企画:著作権の制限に関する 3 ステップ・テストの課題 その8

著作権法における権利制限規定の解釈と 3 step test (6・完)
―厳格解釈から柔軟な解釈へ―                                小嶋 崇弘         133

♦論 説

韓国の裁判例にみる職務発明の補償金算定基準の検討

                         金   成熙         293

特許不実施主体 (NPEs) のビジネスモデルの内実:ケーススタディ

                Kelli LARSON/陳 皓芸(訳)         327

ライセンス契約と組織の垂直的構造          大木 良子         363

♦判例研究

自動公衆送信の判断の枠組み―「まねきTV」 事件―

                          孫   友容          385

秘密保持義務のないサービス業者に頒布した「Technical Guide」に基づき
新規性の喪失を肯定した事例                                  黒川 直毅         437