ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 知的財産法政策学研究詳細

第46号(2015年5月)

巻頭論文

知的財産政策と新たな政策形成プロセス ― 「知的財産立国」に向けた10年余

                         中山  一郎     1

♦連続企画:著作権法の将来像 その3

デジタル時代における著作権と表現の自由の衝突に関する 制度論的研究 (2)

                         比良友佳理        69

フェア・ユースにおける市場の失敗理論と変容的利用の理論 (2)

―日本著作権法の制限規定に対する示唆―            村井麻衣子        95

♦論 説

中国の商標法の歴史・現状・発展

                   曲  三強/孫  友容(訳) 133

台湾商標行政訴訟における裁判基準時

                       劉  介中/劉  曉倩(訳) 147

知的財産権・不法行為・自由領域 (1)―日韓両国における規範的解釈の試み―

                                                                    丁  文杰  197

プロ・イノヴェイションのための特許制度の muddling through (4)

                                                                            田村 善之    269

♦判例研究

特許発明の部材である医薬単剤を製造販売することの間接侵害性が争われた事例

―ピオグリタゾン事件―                  橘  雄介    293

著作権法における「公に」及び「公衆」概念の限界―幸福の科学祈願経文事件

                                                                           平澤 卓人    345

差止めを命ずる外国判決の承認と間接管轄                   横溝  大    387

活動報告

執筆者紹介と奥付