ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 知的財産法政策学研究詳細

第47号(2015年11月)

巻頭論文

競争行為の正当性評価における道徳化に関する再考

                  蒋   舸/孫  友容(訳)     1

特集:営業秘密保護法制の再構成

シンポジウム「営業秘密保護法制の再構成」趣旨説明

                    Christoph RADEMACHER      27

米国営業秘密法―その発展と適用―

             Sharon K. SANDEEN/足立  勝(訳)    29

営業秘密の不正利用行為の規律に関する課題と展望  田村 善之        41                  

営業秘密の保護                  髙部 眞規子     59
 *執筆者の意向によりWeb上で公開しておりません。 図書館等で本号をご覧下さい。

企業における秘密管理の実務について―コカ・コーラ社における営業秘密の保護を中心に―
 *執筆者の意向によりWeb上で公開しておりません。図書館等で本号をご覧下さい。

                                                                          足立  勝        83

富士通の情報管理について             西田 雅俊        89

♦連続企画:著作権法の将来像 その4

デジタル時代における著作権と表現の自由の衝突に関する 制度論的研究 (3)

                        比良 友佳理        97

フェア・ユースにおける市場の失敗理論と変容的利用の理論 (3)
―日本著作権法の制限規定に対する示唆―           村井 麻衣子      119

♦論 説

フリースピーチ

 Anupam CHANDER and Uyên P. LÊ/石新 智規・井上 乾介(訳) 149

地理的表示保護制度に関する一考察―我が国の地理的表示法の位置づけを中心として―

                        伊藤 成美・鈴木 將文       223

著作権法における私的秩序形成と消費者の権利―日本の消費者の視点から

            Branislav HAZUCHA・劉 曉倩・渡部 俊英/長沼 裕也(訳) 261

知的財産権・不法行為・自由領域 (2)―日韓両国における規範的解釈の試み―

                                                                         丁  文杰       301

♦判例研究

被告製品を改造することが不可能ではなく、かつその方が実用的であることを
理由に「にのみ」要件を肯定し、特許法101条 4 号の間接侵害を認めた事例
―食品の包み込み成形方法及びその装置事件―            橘  雄介       327

ファッションショーにおける化粧、髪型のスタイリング、衣装やアクセ
サリーの選択とコーディネートにつき著作物性を否定した事例 (1)

                                                                          橋谷  俊      367

活動報告

執筆者紹介と奥付