ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 知的財産法政策学研究詳細

第53号(2019年3月)

◆特集:連邦営業秘密防衛法(DTSA)の示唆

アメリカにおける営業秘密の保護 (1)-連邦営業秘密防衛法(DTSA)の
運用実態と日本の営業秘密訴訟との比較-
山根 崇邦  1
連邦営業秘密防衛法(DTSA)をめぐる実務上の諸問題-Waymo v. Uber 事件の教訓
および DTSA が実務にもたらす影響を中心として-
  James POOLEY=Mindy M. MORTON=山根 崇邦/山根 崇邦(訳) 45

◆連続企画:著作権法の将来像 その9  

デジタル時代における著作権と表現の自由の衝突に関する
制度論的研究 (7・完)

比良友佳理    75

◆論 説

欧州司法裁判所の「新しい公衆」論について (1) 谷川 和幸     109

特許法の先使用権に関する一考察 (1)
-制度趣旨に鑑みた要件論の展開-

田村 善之     137
特許権の間接侵害の理論 (3) 橘  雄介     159

◆判例研究

特許審決取消判決の拘束力の範囲 興津 征雄  211
複数の被告製品の一部が数値限定発明の技術的範囲に属する場合に差止めの必要性を否定した事例 新藤 圭介  253

改変への包括的な黙示の同意と同一性保持権
-食品包装デザイン事件-

比良友佳理   277

活動報告

執筆者紹介と奥付