ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 知的財産法政策学研究詳細

第10号(2006年02月)

巻頭論文

著作権の考え方

William M. LANDES & Richard A. POSNER/山根 崇邦(訳)   1

連続企画:知的財産の抽象化現象と法 その2

抽象化するバイオテクノロジーと特許制度のあり方(1)

田村 善之   49

特集 1:冒認特許

冒認に関する考察
~特に平成13年最高裁判決と平成14年東京地裁判決の関係をめぐって~

吉田 広志   67

 

解 亘   103

特集 2:審決取消訴訟の論点

取消訴訟における審理の範囲と判決の拘束力
-審決取消訴訟からの示唆-

村上 裕章   145

中国における特許審決取消訴訟の基本構造-日本との比較

魯 鵬宇   173

論説

欧州共同体意匠規則
-市場指向型デザイン保護システムの概要とその後の進展-

青木 博通   189

紹介

CBD・Akwe: Konガイドラインについて

田上 麻衣子   215

【資料】
原住民の社会及び地域社会により伝統的に占有又は利用されてきた聖地、土地及び水域において実施するよう提案された開発又はそれらに影響を及ぼす可能性のある開発に係る文化的、環境的及び社会的影響アセスメントの実施のためのAkwe: Kon/任意ガイドライン

青柳 由香・田上 麻衣子(訳)   221

判例研究

アクセス可能な著作物に対する公衆の利用の自由
-はたらくじどうしゃ事件-

村井 麻衣子   247

活動報告

261

第1号~第10号総目次

知的財産法政策学研究第1号~第10号総目次

   265