ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 知的財産法政策学研究詳細

第14号(2007年03月)

巻頭論文

宗教団体の名称使用権をめぐって

五十嵐 清    1

連続企画:知的財産法の新たな理論の構築に向けて その1

特許法における政策レバー(1)

Dan L. BURK, Mark A. LEMLEY/山崎 昇(訳)   45

効果的な特許制度に関する多元的理論の試み(1)

Nari LEE/田村 善之(訳)  113

連続企画:知的財産権の間接侵害 その1

著作権の「間接侵害」と差止請求

吉田 克己  143

特集:秘密管理の要件

営業秘密における秘密管理性要件

津幡 笑  191

営業秘密の保護と秘密管理性-人工歯事件-

小嶋 崇弘  215

論説

Ending is better than Mending
-修理、詰替および再利用に関する近年の日本の判例について-

クリストファー・ヒース/毛利 峰子(訳)  241

著作権の登録による権利の帰属に関わる一応の推定

菱沼 剛  257

知的財産信託の構造と課題

小坂 準記  281

フォークロア作品における共同体著作者の概念を放棄せよ
-烏蘇里船歌(ウースーリ川舟歌)事件-

李 揚/劉 曉倩(訳)  329

判例研究

従業者が作成した著作物の利用関係が争われる事例における「公表名義」要件の意義
-講習資料職務著作事件-

藤野 忠  355

活動報告