ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 知的財産法政策学研究詳細

第22号(2009年03月)

巻頭論文

改善多項制の下におけるクレーム訂正

三村量一     1

連続企画:政策形成プロセスと知的財産法 その1

制度論的観点から見た著作権:アクター・利益・利害関係と参加のロジック(1)

Antonia Bakardjieva ENGELBREKT / 田村善之(訳)    31

連続企画:特許発明の本質的部分の保護の適否 その2

均等論における本質的部分の要件の意義(2・完)-均等論は「真の発明」を救済する制度か?-

田村善之     55

特許法における補正・訂正に関する裁判例の分析と提言(2・完)-新規事項追加禁止を中心に-

吉田広志     87

論説

追及権をめぐる論争の再検討(2・完)-論争の背景、EC指令の効果と現代美術品市場

河島伸子     137

米国著作権法フェアユース判決(1978-2005年)の実証的研究(2・完)

Barton Beebe / 城所岩生(訳)    163

アメリカにおけるミュージック・サンプリング訴訟に関する一考察(1) -Newton判決とBridgeport判決が与える影響-

安藤和宏     201

中国における自動車意匠の保護の状況と関連裁判例の分析-自動車意匠の類似性判断をめぐって-

余翔・周莹 / 蘭蘭・顾昕・邬青・朱誉鸣(訳)    233

マドリッド議定書における国際商標登録制度をめぐる論点-日本の商標法を中心に-

李京林     255

活動報告

執筆者紹介と奥付