ページ上に戻る ページ上に戻る

情報法政策学研究センター

menu

 知的財産法政策学研究詳細

第56号(2020年9月)

◆論 説

知的財産法学における権利論と功利主義の相克 (2・完)
-知的財産制度の正当化根拠をめぐる論争の一断面-

山根 崇邦        1
クレイム制度の補完としての均等論と第 5 要件の検討
-第 4 要件との関係から考えるコンプリート・バーとフレキシブル・バーの相克-
𠮷田 広志        51
日本、中国、ドイツ、EPO 及び米国における進歩性に関する
裁判例の統計分析及び若干の理論上の問題について (3)
時井  真        103
著作権法におけるスタンダード型規範の司法による法形成 (2)
-権利制約メニューとしての引用の制限規定、著作物性、類似性について-
陳  信至        123

◆判例研究

存続期間満了後の特許無効不成立審決取消訴訟の訴えの利益・進歩性要件の基礎となる引例適格性・サポート要件における課題の再設定について-ピリミジン誘導体事件知財高裁大合議判決の検討-

田村 善之        163
撮影上の工夫を批評するための写真引用の可否
松井 佑樹        239
チラシの創作性が否定された事例-コンタクトレンズチラシ事件-
石黒  駿        293

活動報告
執筆者紹介と奥付