ページ上に戻る ページ上に戻る

法学部

menu

学生生活について

■学生委員

 学生の生活をサポートするのが学生委員の役割です。クラス担任が転出したり,編入・転部生でクラス担任がいない場合などは,

 学生委員又は教務担当が相談にのります。

 

■投書箱,学生の声 on WEB

 法学部での授業や学習環境などについて意見・要望があるときは,事務室前に設置された投書箱を利用してください。

 担当の教職員が迅速に対応し,その結果を掲示等で回答します。

 また,ELMSにログインし,「学生の声 on WEB」からも投書することが可能です。

 

■文学部・法学部学生相談室について

 法学研究科・法学部では,文学院・文学部と共同で,「文学部・法学部学生相談室」を設置しています。

 専門のカウンセラーが在室しており,どんな小さなことについても相談に応じますので,気軽に利用してください。

①開室時間

 毎週火曜日及び金曜日 13:00~17:00 (祝日・休日を除く)※ 

 ※予約は,原則Eメールで行うこと。予約申込メールは,月曜日~金曜日対応。

 文学部・法学部学生相談室メールアドレス  letsoudan@let.hokudai.ac.jp

②場所

 文学部管理棟2階

③相談員

 カウンセラー 大崎 明美  

○文学部・法学部学生相談室カウンセラーより

 こんにちは。カウンセラーの大崎です。文学部・文学院、法学部・法学研究科学生相談室へ着任して4年目となりました。

 学生生活は勉学や研究とともに、将来の進路を決めるなど、自分を見つめ直し自分にふさわしい生き方を考える機会は多いと思います。

 ときに様々なことが困難と感じられ、悩みや課題を抱えることがあるかもしれません。今まで面白いと思っていたことが色あせ中途半端のように感じたり、自分だけが周りと違ってうまくいかず取り残されているように思ったりすることがあるかもしれません。「何をしても面白くない」「やる気が起きない」「人と会うのがつらい」「寝つきが悪い」「大学に行くのがおっくう」等々不調を感じるようなときは、どうぞ是非、学生相談室をご利用ください。また些細なように思われても気がかりなことがあれば、どうぞ気軽にご利用ください。

 カウンセラーには秘密保持義務があります。どうぞ安心しておいでください。どのようにしていくのがよいか一緒に考えていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

2020年4月

カウンセラー 大崎明美

公認心理師・臨床心理士

■ハラスメントについて

 法学部はいかなるハラスメントも黙認しません。問題があれば徹底的に調査・究明し,断固たる措置を講じます。

 ハラスメントの意味などについて,詳しくは入学時に配布された「学生生活の案内」をご覧ください。

 ハラスメントを受けた場合,あるいはそれを見聞した場合は,躊躇することなく,ハラスメント相談室専門相談員に相談してください。

 プライバシーは厳格に守ります。また,相談によって不利益を受けることは決してありません。

 ハラスメントについては,北海道大学ホームページに「ハラスメント相談室」のページを開設しております。

 ホームページアドレス(http://www.hokudai.ac.jp/jimuk/soumubu/jinjika/sekuhara/index.htm)

 ハラスメント相談室 専門相談員

   相談日時 :毎週月~金曜日(祝日及び年末年始を除く)

   電  話 :011-706-2095(直通) 内線を使用する場合は,2095

   e-mail: soudan@general.hokudai.ac.jp

更新日 2020.05.22