ページ上に戻る ページ上に戻る

法学部

menu

法曹養成プログラム・大学院進学プログラム

法曹養成プログラムについて 

本学法学部では,本学法科大学院との間の法曹養成連携協定が,2020年1月30日に文部科学省から認定され,法専門職コース内に「法曹養成プログラム」を設置することが認められました。

対象は、2019年度以降入学生となります。

本プログラムは,これからの社会をリードする「揺るぎのない基礎力」を備えた創造性ある法曹を,学部段階から養成するため,法律基本科目に重点を絞り込んだカリキュラムを履修し,法学部と法科大学院との間でのより効果的な一貫教育を提供するプログラムです。

本プログラムの修了予定者には,①本学法科大学院の5年一貫型教育選抜,②本学法科大学院及び他の法科大学院(ただし,開放型選抜を実施する法科大学院に限る)の開放型選抜の2つの特別選抜の出願資格が与えられることになります。

所定の要件を満たすことで,3年次終了時点で早期卒業し,法科大学院の「既修者コース(2年課程)」に入学することが可能となり,法学部・法科大学院を合計5年で修了できることになります。

■法曹養成プログラムの認定について文部科学省ホームページへ

■法曹コースについて(文部科学省パンフレット

 

大学院進学プログラムについて

本学法学部では、「大学院進学プログラム」を総合法政コース内に設置しました。

対象は、2019年度以降入学生となります。

本プログラムは、多様な分野において、トップ・リーダーとなるべき人材を、学部段階から育成することを目的とし、学部学生に対して大学院への進学の動機付けに資する学修環境を提供するプログラムです。

所定の要件を満たすことで、3年次終了時点で早期卒業し、研究大学院(大学院法学研究科法学政治学専攻)、公共政策大学院(大学院公共政策教育部公共政策学専攻)及びその他の大学院に入学することが可能となります。

プログラム内容・募集関係

■2019年度・2020年度入学者向け:法曹養成プログラム・大学院進学プログラムに関して

 

■法曹養成プログラム関係

法曹養成プログラム修了予定者を対象とする本学法科大学院の特別選抜(概要)

本学法科大学院の特別選抜の入学要件を満たす演習一覧(2020年度)

 

更新日 2020.03.31