ページ上に戻る ページ上に戻る

法学部

menu

入学案内

法学部の目的

 本学部は、法学及び政治学の最先端の研究に基づき、人間が社会を形成していくために必要な知識及び考え方を教授することにより、高度化し、多様化する社会における諸問題を解決する広い視野と能力を有する有為な人材を育成することを目的とする。

法学部のアドミッションポリシー

学部の理念

 北海道大学法学部は、「社会における多様な利害や価値観の相互対立を調整し、よりよい社会の実現を目指す実践の学問」としての法学・政治学を探求することを理念とし、現実の社会で生じている諸問題の具体的な解決策の検討とよりよい社会を実現するための制度を設計することを中心課題としている。

 北海道大学法学部は、質・量ともに全国トップクラスの教員を擁しており、少人数による高度できめ細かい教育を行っている。2004年4月からは法科大学院を設置し、法曹養成の教育体制を強化している。専門教育では以下の二つのコースを設置している。

  • 法専門職コース:法知識を前提とした専門職に就くことを目指す
  • 総合法政コース:社会の多様な分野で活躍することを目指す

教育目標

 幅広い社会科学的知識を踏まえて、法を理解し、法に共感できる市民の育成を目指す。
その上で、
(1)法専門職コースでは、法律専門職につくための実定法学の基礎の習得、
(2)総合法政コースでは、多様な領域で活躍できるための法的素養と政策判断力および広い視野と国際感覚の習得、を目指す。

求める学生像

  • (1)法学・政治学に関する知識・技能を身に付け、法律家や行政官、外交官などの専門職に就いて社会に貢献することのできる学生

    (2)社会の多様で複雑な問題について多角的な観点から思考することによって適切な判断を行うとともに、それを論理的に表現することによって、問題の解決に進んで取り組むことのできる学生

    (3)主体性を持って社会の様々な問題に関心を持ち、広く社会の多様な人々の声に耳を傾けて、彼らと協働して学ぶことのできる知的好奇心の旺盛な学生

以上のような学生を育成するために、法学部では、高等学校等の学習において、論理的な考え方、基礎的な表現力・コミュニケーション能力、専門知識を身に付けるために必要な基礎知識を幅広く修得していることを期待する。

入学者選抜の基本方針

  法学部は、上記のような人材を受け入れるため、また多様な学生を確保するため、一般選抜、帰国子女入試、私費外国人留学生入試、2年次・3年次編入学試験を行う。

一般選抜では、出願書類にて主体性を持って多様な人々と学ぶ態度を評価し、大学入学共通テスト及び個別学力検査(前期:国語・数学・外国語/後期:小論文)にて知識・技能,思考力・判断力・表現力を評価し、入学者を選抜する。

帰国子女入試では、出願書類で知識・技能を評価し、課題論文及び面接試験で思考力・判断力・表現力及び主体性を持って多様な人々と学ぶ態度を評価し、入学者を選抜する。

私費外国人留学生入試では、日本留学試験スコアを含む出願書類で知識・技能を評価し、小論文および面接試験で思考力・判断力・表現力及び主体性を持って多様な人々と学ぶ態度を評価し、入学者を選抜する。

同様の目的から、2年次編入学試験では筆記試験(英語・小論文)、3年次編入試験では筆記試験(英語・専門科目(法学・政治学))と書類審査を実施する。

更新日 2021.03.10